= 4th Album The Secret Code =

 

 

 

從順そうな執事(しつじ)で 「こちらへ」と導かれ

看似順從的執事 帶路說「往這邊」

迴廊(かいろう)の火を點(つ)けて 「赤を右に」と言った

點起走廊的火 說道「紅色在右邊」

壞れた回轉扉 床(ゆか)には極樂鳥花(ごくらくちょうか)

走廊上壞了的門 地板上躺著天堂鳥花

繻子(しゅす)の壁を這(は)うタランチュラ

爬在緞子牆上的毛蜘蛛

踵(きびす)返し笑った

翻身一摔 笑了起來

 

where're you going? Baby

榆(にれ)の搖り椅子(いす)で待って

坐在榆木的搖椅上等候

七つ數えるまで目を開けないで

在數到七以前不要張開眼

 

Pre un 首筋に夜の雫(しずく)が 声にできないほど

Pre un 頸子上一滴黑夜的露珠 幾乎無法發出聲音

Deux ネジ式積み木の城で 指の隙間(すきま)へと

Deux 在螺旋式的積木城 從手指的隙縫間

Trois 絡み合った蜘蛛(くも)の糸は このままずっと

Trois 糾纏的蛛絲 就這麼一直下去

上がり出した砂時計 9095

開始升起的沙漏 9095

 

長い迴廊(かいろう)に響く 「どこかで會ったでしょうか?」

迴響在漫長廊間 「是否在哪兒見過?」

「青は赤の左に」

「藍色在紅色的左邊」

錆(さ)び付いた天使の羽根

貘(ばく)が捨てた昨日の夢

天使生鏽的羽翼 貘拋棄的昨日之夢

先は手の鳴る方へ 目隱しをして

先往掌聲響起處走去 遮起眼睛

 

who are you? tell me baby

それは誰も映らない 鏡の中にその手を入れるとき

那是一面無人的鏡子 當我將手伸進了鏡子裡

 

Et quatre 背中まで麝香(じゃこう)の香り 熱い呼吸の音

Et quatre 麝香的香氣直逼後背 熾熱的呼吸聲

Cinq 空白(くうはく)に浮かぶ瞳 許されないのなら

Cinq 浮現在空白中的眼眸 倘若無法原諒

Six その淚が生き返ったら どうしてもっと

Six 當那滴淚水重新復甦 何以不要求更多

目覺めてゆく化石たち 9095

開始醒的化石們 9095

 

もう何も探さないで そばにいるから

別再繼續找了 我會待在你身邊

目を開けてしまったのなら 戾れなくても

若是你已經張開了眼睛 即使無法再回頭

それでもいいのなら そっと

如果說這樣也沒關係 那就輕輕地

 

Pre un 首筋に夜の雫(しずく)が 声にできないほど

Pre un 頸子上一滴黑夜的露珠 幾乎無法發出聲音

Deux ネジ式積み木の城で 指の隙間(すきま)へと

Deux 在螺旋式的積木城 從手指的隙縫間

Trois 絡み合った蜘蛛(くも)の糸は このままずっと

Trois 糾纏的蛛絲 就這麼一直下去

上がり出した砂時計 9095

開始升起的沙漏 9095

 

Et quatre 背中まで麝香(じゃこう)の香り

Et quatre 麝香的香氣直逼後背

Cinq 空白(くうはく)に浮かぶ瞳

Cinq 浮現在空白中的眼眸

Six その淚が生き返ったら どうしてもっと

Six 當那滴淚水重新復甦 何以不要求更多

目覺めてゆく化石たち 9095

開始醒的化石們 9095

 

 

創作者介紹
創作者 小美 的頭像
小美

☆ XiaoMei の 東方神起 ♥

小美 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()